ヘアカラートリートメントとは

まだグレイヘアにするには早いけど、白髪染めは髪が痛む。
頭皮がかゆくなったりもするし…。

そんなお悩みを解決するのがヘアカラートリートメント。
ジアミンなどの刺激が強い染料やアルカリ剤を使っていないので、髪や頭皮にやさしいのが特徴です。

一般的な白髪染め
2剤式のヘアカラーや美容室の白髪染めはキューティクルをはがして色を入れるので髪が傷みます。
ヘアカラートリートメント
色とトリートメント成分でキューティクルを保護するようにコーティング

使い方は、その名の通りシャンプーあとのトリートメントとして使うだけ。
トリートメント成分が入っているので、髪が染まるだけではなく、髪にツヤやコシも出てきます。

数年前までは、色の入りが弱かったり、2~3日で色が抜けたりする製品がありましたが、最近のものは色の入りも持ちもかなり進化しました。

お気に入りの色が2剤式のヘアカラーにしかない方や、毎回美容室で染めるのがおっくうではない方でなければ、いまの時代はヘアカラートリートメントで白髪をケアするのがおすすめ。

とはいえ、ヘアカラートリートメントは種類がたくさんあって選ぶのが大変です。
商品の特徴もさまざまなので、気になった方はここから探してみてください。

染まりや色の持続性、コスパの比較や、写真入りの使用レポートもあってイメージがしやすいサイトです。