白髪ってなぜ生えるの?

目立つ白髪が一本あっただけで、どうしても気分が滅入る憎(にっく)き白髪。
多くの女性は30~40代から白髪に悩み始めます。

そもそも、白髪はどうして生える?
同じ年齢でも多い人と全くない人がいるのはなぜ?
白髪は減らせるの?

そんな疑問はありませんか?
ここでは髪の毛のキホンと白髪の原因を簡単に説明します。

黒髪を作る2つの細胞

まずは、髪の毛がどうやって作られているのか、そして、どうして白髪になるのかを簡単に説明します。

髪はどうやって作られているの?

毛髪は、毛根の底にある“毛母細胞”で作られています。
毛母細胞は、細胞分裂を繰り返すことで、毛髪を作り、伸ばしているのです。
毛母細胞の働きが衰えると、髪が細くなったり生えなくなったり、髪が全体的に薄くなります。

どうして白髪になるの?

髪の毛の色は、毛母細胞の周りにある“メラノサイト”という細胞で作られています。
黒髪なら黒色、ブロンドなら黄色い色がメラノサイトで作られ、毛母細胞から生まれた毛に着色しています。
このメラノサイトがうまく働かないと、髪が無着色=白髪のまま生えてしまうのです。

白髪のおもな原因は2つ

髪を着色しているメラノサイトが働いていないと白髪になります。
では、メラノサイトが働かなくなる原因とは?

遺伝

同じ年齢でも白髪の量は人それぞれ。その理由は遺伝的要因です。
メラノサイトがしっかり働くかどうかは、体質である程度決まっているのです。

加齢

もう一つの原因は、加齢です。
身体の各部位と同じように、メラノサイトの働きも年齢を重ねるに連れて衰えます。

白髪のもう1つの原因

白髪になるもう1つの原因は、遺伝や加齢といった身体の問題ではなく、心の問題。
それは“ストレス”です。
舅の介護をしていたときは髪が真っ白だったのに、介護が終わったら黒髪に戻った、なんていう人が周りにいませんか?

遺伝や加齢による白髪はメカニズムがはっきりしているのですが、ストレスに関してはまだ原因が不明確な部分があります。しかし、過度のストレスにより白髪が増えるのは事実です。

白髪のお手入れ

ストレスが原因の人は、ストレス源から離れられれば白髪が減るかもしれませんが、加齢や遺伝性の白髪は、増えることはあっても、減らすことはできません。
気持ちを切り替えて、前向きにお手入れを楽しみましょう。

白髪のメリットは、どんな色もキレイに入ること。明るいブラウンから濃いブラック、またイエローやグリーンなどの個性的な色も、黒髪を脱色してから入れるよりも発色がよくなります。

お手入れの方法も、ドラッグストアなどで買えるヘアカラー、美容室、最近増えているヘアカラー専門店といろいろ。
シャンプーあとのトリートメント代わりに使える「カラートリートメント」というタイプもあり、髪や地肌を痛めない白髪染めとして人気が高まっています。

白髪染め・カラートリートメントの総合サイト|Re:color(リカラ)
白髪染め・カラートリートメントの徹底比較のほか、写真付きのユーザーレビューも満載。ヘアケアマイスターが教える髪の悩み相談室や、髪の健康を研究するメディア「美髪ラボ」など女性の髪に関する情報が盛り沢山。白髪染め・カラートリートメントの事なら日本最大級の髪メディアRe:color(リカラ)で!